住宅ローンの金利や審査、リフォームローンとの違いについてご説明します。

住宅ローンを借りるときは何を審査されるのか

家を買うとき、ほとんどの人は金融機関の住宅ローンを組んで何十年もかけて返済していく

家を買うということは人生において最も大きな買い物の一つです。そして、家を買うには何千万単位、家によっては億単位のまとまったお金が必要になります。
しかしながらほとんどの人がこれだけの大金をあらかじめ用意した状態で家を買うということはないと思います。
ではどうするのかというと、銀行などの金融機関から住宅ローンを組んで、それを何十年にもわたって返済していくわけです。銀行側もたくさんのお金を貸すことになるわけですから、借りようとしている人全員にお金を貸すというわけではありません。住宅ローンを借り入れる際には必ず審査を受ける必要があります。

審査において重要視される点は、完済する年齢、借り入れするときの年齢、勤務している会社の勤続年数など

この審査では銀行側が借りようとしている人の金銭面や生活に関してのいろいろな部分をチェックしています。まず、最も重要視するのはローンを組んだ時に完済する年齢が何歳になるかということです。具体的には80歳までにすべて完済しているようなローン計画だとこの面においては審査が通りやすくなります。それ以上になるとなかなか通りにくいのが現状です。
次は借入するときの年齢です。これは上の完済時の年齢と関連付けられることですが、やはり出来るだけ若い年代のほうが通りやすくなります。
次に重要視されるのは実際のローンに関連されたことではなく、今現在勤務している会社の勤続年数になります。やはり勤続年数が長ければ長いほど、その人は継続していく人だという判断ができますし、会社からの信頼も厚いため、安定した収入が期待できるという判断になります。その次に重要視されるのは年収になります。
こうやって見ていくと、借りたお金をきちんと返していけるか、そして安定した収入が今後も継続して得られるかということに重点を置いてチェックしていることが分かります。

最新投稿