住宅ローンの金利や審査、リフォームローンとの違いについてご説明します。

マイホーム購入と住宅ローンの利用について

住宅ローンは借入金額が高額かつ返済期間も長期間にわたるので、金利は重要なポイント

いつかはマイホームを購入したいと願う家庭は多いといわれています。多くの人にとってマイホームの購入は人生で一番高額な買い物になるといわれています。そのため、現金一括で購入することができる人は限られており、大半の人がおすすめ住宅ローンを比較調査して、住宅ローンを利用して購入することとなります。

住宅ローンは借入金額が高額かつ返済期間も長期間にわたることが一般的です。そのため、わずかな金利の違いであっても総返済額でみると大きな差が生まれることとなります。少しでも良い条件で借りることができるようにするためには、複数の金融機関に相談することも大切になります。

総返済額を減らす繰り上げ返済にかかる手数料の有無を確認

また、選ぶ際には目先の金利も大切ですが、繰り上げ返済にかかる手数料の有無などについても考慮しておくことが大切になります。なぜなら、繰り上げ返済をして元金を早めに減らすことができれば、それだけ総返済額を減らせることができるからです。

金利は低いがリスクのある変動金利型か?返済期間ずっと金利が変わらない固定金利型か?

また、金利タイプの選択も重要なポイントになります。変動金利型と固定金利型では、借入時点の金利は変動金利型が低いことが一般的です。なぜなら、変動金利型の場合は将来の金利変動リスクを借り手の側が負うこととなるからです。そのため、将来的に金利が上がった場合は、固定金利型と比較して返済額が大きく跳ね上がるリスクがあります。そうなると、余裕のない資金計画を組んでいる場合、返済が滞り、最悪の場合はマイホームを手放さざるを得ない状況になる可能性もあります。

住宅ローンの利用にあたっては、金融機関から借りることができる上限額で判断するのは危険だといわれています。借りられる額で判断するのではなく、自分たちの家庭が無理なく返済できる額をベースに考えることが重要になります。

最新投稿