住宅ローンの手続きについて

住宅ローンの審査を受ける前にしなければいけないこと

住宅ローンの手続きとしては、自分で銀行審査を行う方法と不動産仲介業者にお願いをして審査を行う方法の2種類があります。
まず、審査を受ける前にしておかなければならないことがあります。それは、自分のお金の使い方についてになります。ローンを受ける前に預金がいくら所有しているのかということ、別のローンを組んでいないこと、必要のないキャッシュカードを解約しておくことが大切になります。

審査のポイントは、貯金がいくらあるか、別のローンを組んでいないこと、必要のないキャッシュカードを解約しておくこと

1つ目の預金がいくらあるかについてですが、銀行としては預金が無い場合は貸したお金を回収しにくくなりますのでできるだけ預金を持ってからローンを組むようにしましょう。
2つ目の別のローンを組んでいないことですが、別のローンを組んでいる場合において次のローンを組むときは返済ができるのかを銀行はチェックするようになります。そのため、できるだけ負担の無い返済をするようにローンを確認するようにしましょう。
ローン返済をするためには負担のない程度にするために、収入の4割までにしておくということを心掛けておきましょう。
3つ目のキャッシュカードについてですが、カードを所有していることによって簡単に借金ができるということでカウントされてしまうのです。キャッシュカードもそうですが、クレジットカード自体にキャッシュカードが搭載されている場合もあります。その時は、クレジットカードのキャッシュ機能をなくすことによってカウントされないようになります。

現在の賃貸物件の約200倍が住宅ローンで借りられる金額の範囲となる

上記3点を行うことによって、住宅ローンの手続き中にローンが組めないということがなくなるようになります。
実際に年収ぐらいの貯蓄がある場合は、きちんとお金の管理ができているということになります。
現在の賃貸物件の約200倍が住宅ローンで借りられる金額の範囲になります。返済計画はしっかりとして行うことを大切にしましょう。