独身男性が借りた住宅ローンの利用体験談

住宅ローンの大きな金額の借り入れは審査が厳しく、収入や連帯保証人などの条件が必須となる

男性 マイホーム

一戸建てやマンションなど、マイホームの購入は大きな買い物であるため、住宅ローンを組んで購入するのが一般的です。
通常、金融機関よりお金を借りる場合は審査があり、それに合格する必要があります。特に住宅ローンといった大きな金額の借り入れは審査が厳しく、収入や連帯保証人などの条件が必須となるのが一般的です。また、過去の借り入れ歴も審査に影響する場合もあります。

金融機関によっては独身専用プランがあり、安定した収入があり、これまでに支払いの延滞が無ければ審査に有利

さて、今回は独身世帯がマンションを購入するためにローンを利用した体験談についてご紹介します。
住宅ローンは長期に渡って返済するため、安定した収入や連帯保証人が必要な場合が多いです。このことからローンの利用をためらう方は多い傾向にあります。
しかし、金融機関によっては独身、母子家庭専用プランを用意していることもあり、独身でもローンを組める場合があります。これらは、安定した収入があり、これまでに支払いの延滞が無ければ審査を通過できる確率が高いです。
支払いの延滞は、電気、ガス、水道をはじめ、携帯料金やクレジットカードも含まれています。これらの支払いに延滞がないことが、ローンを組む上で大切です。

独身の場合は収入が限られるので、月々の返済額は少なめに設定し、生活に余裕を持たせるのが大切

また購入する住宅の価値も審査に含まれることがあります。なぜなら、万が一返済ができなくなった場合、金融機関としてはローンの残債分の価値がある物を求めているのです。自分が購入する住宅がきちんとした価値があれば、金融機関も受け入れることがあります。
ローンの審査を無事通過でき、借りる時に大切なのは、返済期間です。この期間は長いほど今後の資産運用がしやすくなります。特に独身の場合は収入が限られるので、月々の返済額は少なめに設定し、生活に余裕を持たせるのが大切です。返済期間は35年以上が望ましいですよ。